前へ
次へ

母からの着物は捨ててもよいという条件でした

私の母はかなりの着物持ちということもあり、私が妻と結婚したときに持っていた着物をあげていました。
その時の条件として、いらないようなら捨ててもよい、ということだったので、妻も了承してもらって帰りました。
その後、子どもが大きくなり、入園式、入学式といった時には、その着物を着て出かけていっていました。
しかし、最近ではめっきりその機会を失っており、家の荷物が増えてきたことと重なって、処分することも検討し始めました。
ただ、捨ててもよい、とは言われたものの、なかなかそれなりの金額のものを捨てることはできるものではなく、困っていました。
そんなときに、TVを見ていると、着物買取の宣伝が流れてきました。
妻とともに、これに一回相談してみたらどうだろう、という話になり、着物買取について、調査をすることにしました。
せっかくなので、一店舗だけではなく、数店舗の情報を取り、条件がよさそうであれば、利用してみることを計画しています。

高値がつく着物を知って買取に生かそう

母親や祖母の着物を処分する際、価値がわからず適当なリサイクルショップに売ってしまい、あとから家族に叱られた、などということはないでしょうか。
本当は価値のある着物を布切れ同然の値段で売ってしまわないよう、基本を抑えておきましょう。
まず、正絹といって絹の生地でできた着物はやはり質がいいです。
最近ではポリエステルのものもたくさんありますが、査定額も違ってきます。
それから、作家物は高値がつくことが多いです。
これは着物作家の手によるもので、大量生産のものとは比べ物になりません。
また、これは有名ですが「友禅」という染め方の技法があります。
加賀友禅、京友禅、などと地方によって染め方に違いがあり、それぞれ価格も違います。
「手描き友禅」というのは文字通り手で描いて染める技法でたいへん手間がかかるため、高値で取引されています。
あとは、「紬」という手織りの技法があり、これも大島紬、結城紬などの有名どころは人気ですから高く見積もってもらえます。

Page Top