前へ
次へ

古くなってしまった着物はどうするべきか

高額な着物でも古くなってしまうと当然劣化します。
劣化をしてしまうと着物として利用をすることが困難になってしまいます。
そこで着物買取業者に依頼を行って、ハギレとして販売をしてもらうとよいでしょう。
その前にキレイに洗う必要があるのかどうか、悩むところもかもしれません。
しかし家庭で洗濯をしてしまうと傷みも出てしまうので、出来るだけ専門業者に依頼をしてクリーニングを行ったほうがよいでしょう。
そうすることによって気になる汚れやにおいも解消をさせることができるのでメリットはあります。
また虫食いやシミができているところもハギレとして販売をするのであれば気にすることもありません。
デザインが入っているところのみを切り取って対応をすることもできるようになっているので、自分でカットをするのではなく、着物をそのまま買い取ってもらってハギレとしてカットをしてもらい、販売まで行ってもらうと手間もかからずによいのかもしれません。

不要になった着物は売ってみよう

不要になってしまった着物を売りたいと思っている人も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
しかしながら、着物を売るとなるといくらくらいの金額になると思いますか。
着物買取における相場の価格としては、着物の種類及び生地、色柄や年代、作家などといった要素に加えて、丈の長さ及び保存状態などによってまったくもって変わってきます。
正絹で作られたものならば、振袖や訪問着などの値段が高いものであれば数千円から数万円になることも多いのが事実です。
小紋などといったリーズナブルな価格のものであれば数百円から数千円が買取の相場となっています。
ウールやポリエステルなどで作られた着物や、シミなどの汚れが目立つ着物であれば値段をつけること自体が難しくなることも多々ありますが、場合によっては数百円から数千円にて買い取ってくれることもあります。
有名な作家が作った着物や、ブランド品などならば数万円から数十万円になることもしばしばです。

Page Top